トヨタのラインナップを見ていると気が付くことがあります。
それは「こんな車日本で売っても絶対売れないだろう」と思わるものが長く売られていることです。

例えば、FJクルーザー、SUVとしては決して割る車ではありませんがエンジン排気量がかなり大きく燃費のたいしてよくない、ボディの大きく日本の道路にはあいません。
次にアベンシス、トヨタの唯一のステーションワゴン専売モデルとなっていますが、ステーションワゴンといえばスバルの車の世にハイパワーエンジンを搭載しているスポーティーなものばかりが人気となっているのにコンサバティブなイメージを持つアベンシスがあるのは不思議です。
それからオーリス、シャア専用モデルなどで注目を集めていますが、もともと日本にはヴィッツやイスト、bBなどそれなりに売れているコンパクトハッチがあるのにどうしてこれが後から売られるようになったのか?
変な話、これらに車よりもずっとたくさん売れているモデルがあるわけではっきり言ってあえて売る必要もないと思うのですが、実はこれらの車たちは日本市場において必要だからということで作られているわけではなく、日本以外の諸外国向けに作ったモデルたちなのです。
FJクルーザーやRAV4は北米向けとして、アベンシスやiQ、オーリスなどはヨーロッパ向けとして作られた車でそもそも日本で売ることは考えられていなかったのです。 Continue Reading